新着情報

いろはの4つの得意分野

  • 介護・福祉関連の許可
  • 医薬品・化粧品販売の許可
  • キャバクラ開業の許可
  • 物流代行の許可

アクセスマップ

福岡市中央区大名2-4-38
チサンマンション天神III 1115号室
アクセス

同一労働同一賃金について思うこと

2020/01/14

同一労働同一賃金について思うこと

大企業は2020年4月から(中小企業は2021年4月から)はじまる同一労働同一賃金について思うこと

同一労働同一賃金は正社員とアルバイトの待遇格差を無くそうというスタンスで始まります。

誤解を招きそうな記事をよく見ます。

「正社員とアルバイトは給与の額を一緒にしなければならない」
という誤解です。

確かに、正社員とアルバイトの格差は間違いなくあります。

とはいえ、必ずしもそうとは限りません。

あくまでも「正社員の責任の程度および職務内容」と「アルバイトの責任の程度および職務内容」が「同じであれば」給与水準をそろえなければいけないという趣旨です。

つまり、正社員とアルバイトの責任の程度や職務内容が異なれば当然同一労働同一賃金ではありません。

この部分が誤解されて伝わらないかということを危惧しています。

表面上の印象だけで正社員の待遇を下げられるのではないか、アルバイトの待遇をあげてもらえるのではないかという考えは間違っていますので気を付けてください。

このあたりの記事が私の目に留まったので記事にしてみました。


同一労働同一賃金については、当事務所の顧問先からもたくさん質問が寄せられています。

また次回記事にしたいと思います。